• タイムカードに代わる勤怠管理について

    企業が社員に対して行う管理の1つに勤怠管理があります。



    管理は、これまではタイムカードを利用することで行われており、この場合いくつかの難点があることから、最近においては新しい方法として勤怠管理システムの導入が進んでいます。

    YOMIURI ONLINEの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

    タイムカードによる方法では、デメリットとしては、集計に膨大な時間がかかること、カードの保管場所が必要になること、不正打刻が防げないこと、給与計算や給与ソフトに手打ちで対応せざるを得ないことがあります。また、難しい点としても、多様化した就業ルールに対応できないことや、従業員の勤務時間をリアルタイムに確認できないこと、給与ソフトとのスムーズな連携が困難なことがあり、海外出張などにも対応できないことがあります。

    タイムカードによる方法は、ごく小規模な企業の場合には大きな問題はありませんが規模を持つ企業の場合にはデメリット等の影響も大きく、ここでは、勤怠管理システムを導入することで適切に対応することが可能となります。主なメリットとしては、コスト削減、適切な労働時間管理、不正打刻防止、業務効率の向上、給与計算との連携ができる点があります。

    一方、導入においては留意点もあり、まず、費用対効果を十分に検討をすることがあります。



    システムの特徴としては他の業務システムとは大きく異なり、従業員全員が利用するという点があります。
    反面、システム自体は利益を生まないことがあり、そのために導入においてはコストを十分に把握をした上で判断をすることが重要になります。


    システムは様々な商品が提供されていますが、導入では、機能面も含めて、自社開発型とするのかクラウド型とするのか決める必要があります。

    例えば、情報の機密性が高く、情報を社外に出すことに関して厳しい制約がある場合には、自社開発型が向いており、安く済ませたい場合にはクラウド型が適しています。