• タイムカードで確実な勤怠管理

    タイムカードは、公正な勤怠管理に適した仕組みです。


    タイムカードは、専用の機械を用いて、出勤と退勤の時刻をカードに打刻して記録する勤怠管理の方法です。機械によっては、出勤と退勤の時間だけでなく、休憩時間についても記録できるものもあります。
    毎日同じ時刻に出勤し、退勤時刻も一定である職場や働き方をしている人にとっては不要な仕組みに思えることもありますが、正しい記録としては手書きやデータ管理よりも有効だといえるでしょう。

    タイムカードで勤怠管理ついてはこちらのサイトでご確認ください。

    アルバイトやフレックスタイムなど、出勤と退勤時刻が日によって異なる働き方をしている人や、そういった雇用形態で人を雇っている側の勤怠管理には、タイムカードの利用が最も適切です。


    タイムカードは、専用の機械に主に紙製のカードを差し込むだけで出勤時と退勤時の時刻を打刻するというとてもシンプルなつくりです。

    Yahoo!ニュースに関してわかりやすく説明しております。

    使用方法も簡単なので、誰にでも使いやすいことも特長のひとつです。
    従業員ひとりひとりに、月毎のカードを準備して各人が打刻の作業を行う場合が一般的ですが、数秒の作業なので業務に支障がでることもありません。



    古くから取り入れられている仕組みですが、最近ではタイムカードの機会とパソコンなどの端末を連動させて、勤務時間から給与計算も自動で行えるような商品も開発されています。
    時給制で働く従業員を多く抱える雇用者ほど、毎月の給与計算はかなりの業務負担となりますが、この手間が省けるメリットは非常に大きいでしょう。