• タイムカードと勤怠管理

    企業では社員の勤怠管理を確実に行なうことが求められます。



    一番ポピュラーな方法はタイムカーでしょう。
    もちろん、現代では電子式のタイムカードが活用されています。
    出勤した社員がカードを差し込むことでデータとして記録されます。

    単に給料の支払い額を計算することだけではなく、社員の勤務状況を把握するためのツールとして活用しなければなりません。


    タイムカードによる勤怠管理の具体的なやり方を説明しましょう。データは1日毎に記録されていますから、今月の出勤回数や残業時間の集計をすぐに調べることができます。

    そのデータを利用することで特定の社員に負荷がかかっていないか、仕事の量と売り上げが比例しているかを確認しましょう。

    残業が増えていて、その分の給料を払っていなければブラック企業と言われるでしょう。

    それを避けるためにタイムカードを活用するのです。

    つまり、勤怠管理を自動化することで、小細工ができない仕組みを作ることになるからです。

    日本経済新聞の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

    企業にとって社員は重要な財産です。サービス残業を容認している企業はいずれ行き詰まってしまうでしょう。

    それがわからない経営者は犯罪者と言えるでしょう。


    現代の技術を活用すればタイムカードを使うことで勤怠管理を簡略化できます。



    会社全体の残業を減らして、働きやすい職場を作らなければ、会社を続けて行くことはできません。そのポイントはタイムカードの活用にあることを理解してください。
    健全な企業は確実に成長していくことでしょう。