• タイムカードによる勤怠管理の今後

    タイムカードによる勤怠管理は、今後は需要がなくなっていくと予想されています。

    初期コストゼロで導入できるクラウド型の勤怠管理システムなどが登場していることが理由です。クラウド型のシステムを利用するにはインターネットに接続された環境が必要ですが、最近ではほとんどの企業がインターネット接続環境を持っています。


    また、必ずしもパソコンを用意する必要はなく、タブレットや携帯電話・スマートフォンでも利用をすることができますので、その問題は解決されつつあります。

    タイムカードによる勤怠管理はコストがかからず、手軽に導入できることがメリットですが、そのメリットですら、クラウド型の勤怠管理システムが上回っているという意見があります。
    安いところなら、労働者1人あたり月額200円程度で利用が可能です。



    しかも、90日程度の無料期間がついていることもあります。タイムレコーダーは安いものなら3000円程度で購入できますが、コストゼロというわけにはいきません。管理する側はある程度のITの知識が必要になるので、まだまだハードルは存在しますが、現在は中学校・高校でIT教育がされている時代ですので、やがては全ての企業が勤怠管理システムを導入するという予想もあります。

    クレジットカードやカードローンでは、カードが発行されない完全オンライン型の商品も登場しています。

    朝日新聞デジタルの欲しい情報が手に入りました。

    タイムカードについても、今後は紙のカードではなく、完全にオンラインのタイムカードへと移行していくのかもしれません。



    しばらくは需要が完全になくなることはないと思われますが、20年後にはタイムカードという存在は全く別のものになっている可能性があります。